転職 職業

徹底解説!ITエンジニア転職のキャリアプランから転職方法まとめ

2022年5月16日

徹底解説!ITエンジニア転職のキャリアプランから転職方法まとめ

「ITエンジニア転職したいけど何をしたら良いか分からない」

「ITエンジニアってどんなキャリアパスがあるの?」

「転職エージェントは使った方が良いの?」

ITエンジニア転職を検討する際、このような悩みや疑問を感じている者も多いことじゃろう。

ビジネスだけではなく、日常生活にも必要不可欠なIT技術は、需要が高く、専門性の高さから手に職が付けられると人気の転職先ではあるが、種類が豊富であることから「転職するためにはどうしたら良いのか」が分かりにくい。

そこで今回は、そんなITエンジニア転職に必要なことを分かりやすくまとめていくぞ。

 

分類・職種の種類について

偏に「ITエンジニア」と一括りにされてしまっているが、ITエンジニアには非常に多くの種類があり、技術の分だけ種類があるといっても過言ではない。

男の子
「種類がありすぎてよく分からない」

と悩んでしまうが、大別するとインフラエンジニア・開発エンジニア・Webエンジニアに分けることができるぞ。

基本的に、いずれの種類においてもキャリアパスは技術特化型のスペシャリスト、マネジメントをはじめとする管理職であるジェネラリストがあるが、スキルチェンジをすることも可能じゃ。

ここでは、それぞれの種類の需要やキャリアパスについて、分かりやすく解説をしていこう。

 

インフラエンジニアの仕事内容は?需要やキャリアパスについて解説

「社会インフラ」という言葉があるように、インフラエンジニアとは、IT技術におけるネットワークやサーバーといった「基盤」となる部分を設計・構築・運用するITエンジニアの種類じゃ。

身近なものでいえば、スマートフォンやパソコンなどで通信を行うネットワークや、データを格納するためのサーバーなどをイメージすると分かりやすいじゃろう。

また、近年ではモノとネットワークを繋ぐIoTも普及しており、家電や自動車などあらゆるものがネットワーク通信をするようになってきておる。

このように、必要不可欠な通信や、生活をより便利で豊かなものとするための縁の下の力持ち的な存在として活躍する職業なので、需要や将来性が高いことは言うまでもないじゃろう。

キャリアパスも、インフラスキルはあらゆる分野で使用されているので開発・Webエンジニアにスキルチェンジすることもできるぞ。

IT業界に関わらず「情シス」や「社内SE」などの転職先も考えることができるのもポイントじゃな。

より詳細を知りたい者は、次の記事を参考にすると良いぞ。

 

開発エンジニアの仕事内容は?需要やキャリアパスについて解説

ITエンジニアと聞くと

女の子
「黒い画面にひたすらコードを書いている人」

とイメージする者も多いが、開発エンジニアがそれに当たるぞ。

その名の通り、システムやアプリケーションの開発を行うことを仕事としており、日々新しい製品やサービスが登場し、今後もそれらは発展していくことから需要や将来性も高い職種と言えるじゃろう。

キャリアパスとしてもさまざまじゃが、企業へ転職するだけではなく、フリーランス案件も多いことから独立することもできるぞ。

開発エンジニアに興味がある者は、次の記事に詳細をまとめているのでチェックすることをおすすめする。

 

Webエンジニアの仕事内容は?需要やキャリアパスについて解説

Webエンジニアは、読んで字のごとくWebに関する開発や運用をするITエンジニアの総称じゃ。

我々が当然のように使用しているWebサイトやWebアプリなんかの開発もWebエンジニアの仕事であり、日々の暮らしに欠かせないものとなっていることを考えれば需要は高いといえるじゃろう。

数あるITエンジニアのなかでも技術やトレンドの流行り廃りが速いので、技術についていくことが大変ではあるが、テレワークとの相性も良く、ネットワーク環境さえ整っていれば場所を選ばずに仕事もできるぞ。

先の開発エンジニア同様、フリーランス案件が多いことに加え、スキルを身に付ければ個人でビジネス展開をすることも可能であることから、キャリアや働き方も非常にフレキシブルであるといえるじゃろう。

Webエンジニアについての、キャリアパスや需要については以下の記事にまとめているので、興味がある者はぜひチェックしてみて欲しい。

 

需要・将来性について

ドラゴン
「ITエンジニアって需要高いって聞くけどなんで?」
「たくさん種類があるけど、需要や将来性の高い分野はどれ?」
箱入りネコ

このような疑問を感じている者もいることじゃろう。

ここでは、ITエンジニア職の中でも需要や将来性が高い分野を紹介していくぞ。

 

ITエンジニア職の中でも需要・将来性がある分野を紹介

先のキャリアパスからも分かるように、IT技術そのものの需要や将来性が高いことから、ITエンジニア自体の需要や将来性は高い。

そのなかでも、次の分野のITエンジニアは特に注目されているので要チェックじゃ。

  • AIエンジニア
  • データサイエンティスト、ITコンサルタント
  • クラウドエンジニア
  • セキュリティエンジニア、ホワイトハッカー

上記の分野を見てピンときた者もいると思うが、先端技術やビジネス、セキュリティリスクの回避などの分野におけるITエンジニアじゃな。

需要が高い理由としては、比較的新しい分野であるため単純にIT人材の数が不足していることが挙げられるが、その他にも多くの理由がある。

将来的にこれらの職種を目指したいと考えている者は、以下の記事に詳細をまとめているので、ぜひ一読してみて欲しい。

 

年収について

転職する際、収入の多さは転職先を選ぶうえで重要な判断材料となる。

大別した種類で見れば、いずれも年収1,000万円以上目指すことができる職業ではあるものの、専門性が高い職業であるからこそ、スキルや実績によっては一般的な会社員と平均年収に大差がないこともあることを忘れてはならない。

ここでは、ITエンジニアのなかでも稼げる種類について紹介していくぞ。

 

ITエンジニアは稼げる?職種別の平均年収トップ5を紹介

数あるITエンジニアのなかでも、特に稼げる種類を5つ紹介するぞ。

  • ホワイトハッカー
  • データサイエンティスト
  • AIエンジニア
  • フロントエンジニア
  • インフラエンジニア

いずれも500万円~800万円弱が平均年収となっており、一般的な会社員の平均年収を大きく上回っておる。

年収が100万円上がれば10年で1,000万円、20年で2,000万円と生涯年収も大きく変わってくる。

老後資金の準備においても随分とラクになることじゃろう。

また、フリーランスの仕事が多いことから、定年退職をしてもクラウドサービスを活用して、年金以外の収入源を作ることができるといったプランも考えることができるぞ。

高収入の働き方に興味がある者は、次の記事をチェックしてみると良いぞ。

 

業務の難しさについて

需要や将来性が高く、高収入が目指せるITエンジニアじゃが、当然仕事の難しさもあることを忘れてはならない。

種類や担当する業務によって難しさは異なるが、ここではすべてのITエンジニアに共通する業務の難しさについて紹介していく。

 

ITエンジニアの職種ごとの業務の難しさや大変さを紹介

各ITエンジニアに共通する業務の難しさには次のようなものが挙げられるぞ。

  • 常に勉強し続けなければならない
  • 業務量が多く、残業も増えがち
  • 納期が厳しい

種類ごとの難しさについては、以下の記事でまとめているので、自分が目指したいITエンジニアの難しさについて確認しておくことをおすすめするぞ。

 

スキル・キャリアパスについて

専門性の高い職種であるITエンジニアは、スキルの有無が非常に重要じゃ。

保有しているスキルや実務経験によってキャリアパスも変わってくるぞ。

ここでは、ITエンジニアに必要なスキルやキャリアパスについて簡単に紹介しておく。

種類別!ITエンジニアに必要なスキルやキャリアパスを紹介

さまざまな、種類があるがITパスポートや基本情報技術者試験で学べるような基礎知識はどのITエンジニアにも共通しているので、何から勉強すれば良いか悩んでいる者は、それらから習得することをおすすめするぞ。

各種類においても、開発エンジニアならOCJP、インフラならCCNAといった基礎から学ぶことが重要である。

ドラゴン
「新しい技術を学んだ方がいいんじゃない?」

と疑問に思うかもしれないが、その新しい技術とは従来の技術をさらに発展させたものであることも多く、基礎を学んでいると応用が利くメリットがある。

息の長いITエンジニアを目指したいのであれば、基礎を疎かにしてはならぬ…ということじゃな。

「開発エンジニアであれば汎用性の高い言語を学ぶべき」など、スキルやキャリアパスの詳細が知りたい者は、次の記事をチェックしてみて欲しい。

 

転職先、人気企業について

これからITエンジニアを目指す者にとって、どのような企業が転職先にあるのか、人気企業はどんなところがあるのか気になるところじゃろう。

ここでは、ITエンジニアの人気転職先について紹介しておくぞ。

 

ITエンジニアの転職先は?職種別に人気企業を紹介

かつてITエンジニアの転職といえばIT企業であることが一般的であったが、あらゆる業界・業種においてIT技術が導入されたことによって、垣根がなくなってきている。

少し大げさな言い方かもしれないが、ITスキルを身に付けていれば業界にとわられず転職が可能であるともいえるじゃろう。

人気の転職先には、Googleや楽天といった誰もが知る有名企業から、

男の子
「え?この企業もITエンジニアに人気なの?」

といった企業までさまざまじゃ。

具体的な企業名については、以下の記事で紹介しているので、興味がある者はぜひチェックしてみて欲しい。

 

おすすめ転職エージェントについて

ドラゴン
「転職エージェントって使う意味あるの?」
「どれ使っても同じじゃない?」
箱入りネコ

このような疑問を感じている者も多いことじゃろう。

転職エージェントは各社によって取り扱い求人数も違えば、受けられるサービスも異なるので目的に合わせて選ぶ必要がある。

ここでは、転職エージェントを利用するメリットを含め、ワシのおすすめを紹介していくぞ。

 

種類別!ITエンジニア転職に強い転職エージェントを紹介

基本的に、どの転職エージェントでも次のようなサポートが受けられるぞ。

  • 希望に沿った求人紹介
  • キャリア相談
  • 履歴書や職務経歴書の添削、面接対策

なかには、面接同行や条件交渉までしてくれるものもある。

そして、これらサポートは一部のスクール一体型を除いて、無料で利用できることもポイントじゃな。

箱入りネコ
「なんで無料なの?」
「タダほど怖いものはない!」
女の子

と感じるかもしれないが、これは人材紹介をすることで企業側から報酬を得るという仕組みがあるからなのじゃ。

ITエンジニアに特化した転職エージェントは非常に数も多いが、未経験者からITエンジニア転職をしたいのであれば「ワークポート」がおすすめじゃ。

そのほか、各種類ごとにおすすめの転職エージェントを知りたい者は、以下の記事でまとめているので、ぜひチェックしてみて欲しい。

 

まとめ

ITエンジニアは、今後もIT技術の発展が続くことから見て需要・将来性、収入が高い職業じゃ。

いきなり先端技術を学ぼうとすると心が折れてしまうが、基礎から学ぶことで仕事の選択肢が広がるとともに、息の長いITエンジニアを目指すこともできる。

転職先は、IT企業だけではなく、あらゆる業界・業種でIT技術の導入が進んでいることから、業界の垣根なく転職先を選べることも特徴といえるじゃろう。

転職サイトに登録したり企業に直接応募するといった転職活動を進めるほかに、転職エージェントを活用するのもおすすめじゃ。

転職に必要なサポートを無料で受けられるうえに、求人紹介やキャリア相談までできるので、効率的かつ転職の成功率を高めることができるぞ。

ITエンジニア転職を考えている者は、ぜひ今回紹介した内容を参考にしてみて欲しい。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

王様

転職するならDAMA、略してTENDAMAというとある国の王様です。
お仕事や転職にまつわる話をメインに執筆中。このブログを見た方が幸せになれることを祈って日々ブログを更新しています。

-転職, 職業