人の役に立つ仕事がしたい!職種別に「どんな人の役に立ちたいか」ゴールをイメージしよう | 転職するならDAMA|全国の転職・求人情報を検索

人の役に立つ仕事がしたい!職種別に「どんな人の役に立ちたいか」ゴールをイメージしよう

この記事は約5分で読めます。
スポンサードリンク

「困っている人を助けたい」

「誰かを笑顔にできる仕事がしたい」

「お金は二の次、人の役に立ちたい」

 

いろんな理由から「誰かの役に立ちたい」と思い、転職活動をしている人は多いと思います。

 

でも、「どんな人の役に立ちたいか」を具体的にイメージできていますか?

ゴールをきちんと設定しなければ、転職の軸がブレてしまいます。

 

今回は、転職活動に成功するため、あなたが「どんな人の役に立ちたいか」イメージがしやすいようお手伝いができればと思っています。

スポンサードリンク

どんな仕事も「人の役に立つ仕事」になる

一般的に考えて「人の役に立つ仕事」といえば、何が思い浮かぶでしょうか?

介護職なんかは、直接だれかのお世話をすることが多い仕事なので、想像がしやすいですよね。

また、接客業などのサービス業も、お客様に満足してもらったり、笑顔にすることが仕事なので、こちらも「人の役に立つ仕事」の代表格でしょう。

 

でも、ここでお伝えしたいのは、介護職やサービス職じゃなくても、人の役に立てる仕事はたくさんあるということです。

 

例えば、小さな会社の事務職だって、営業さんのサポートをしたり、会議の資料を作ったりして、「誰かの」役に立てていますよね。

 

プログラマーだって同じです。1日中パソコンに向かって淡々と業務をこなしているようでも、それは「誰かの」エラーを直しているかもしれないし、福祉に役立つソフトを作っているかもしれない。

 

これはどんな職種にも当てはまります。

仕事というものは、必ず、誰かの役に立っているはずなんです。だって、求められているから作ったり、提案したり、売ったりするわけですよね。

 

だからこそ、「誰の」役に立ちたいのか、具体的なゴールをイメージしてほしいのです。

 

あなたはどんな人の、どんな役に立って、何がしたいですか?

【職種別】あなたはどんな人の役に立ちたいですか?

それではここから、いくつか仕事を例に出し、具体的にどんな人の役に立てるかを考えていきましょう。

もちろん、ここに書かれていることが全てではありません。

ぜひ、考えるキッカケにしてもらい、各職種について詳しく調べてみてください。

 

ホテルのコンシェルジュ

 

フロントと混同する人も多いのですが、ホテルのコンシェルジュは、専門の仕事とされており、人気も高い職種です。

 

仕事内容は、ホテルに宿泊しているお客様のあらゆる要望に応えること。

ときには外国人客のリクエストに応じることもあるため、ほとんどのホテルで高い語学力を求められます。

 

お客様に「ありがとう」と直接言ってもらえる仕事なので、「人の役に立ちたい」と思っている人には天職になるでしょう。

 

しかし一方で厳しい面もあります。様々な要望に応えるため、日々勉強が必要であり、どんなときも笑顔で丁寧に対応するため強靭な精神力も養わなければいけません。

 

なかなかハードな仕事ではありますが、お客様の笑顔に触れられる、やりがいのある職種です。

 

介護職

 

介護を必要としている高齢者や、障がいのある方の、身の回りのお世話をする仕事です。

 

「おじいさんやおばあさんが好きだから」という理由で、介護業界に飛び込む転職者も多いのですが、実はここが注意点。

施設に入居している人の中には、気難しい人や、痴呆で徘徊するような人もいます。

みんながみんな、ニコニコした優しいおじいさん・おばあさんではないという現実に疲れて、退職してしまう人だっています。

 

介護職は「思いやり」が全て。困っている人の役に立ちたい、どんな人でもサポートしてあげたい、という気持ちが1番大事なんです。

 

経営コンサルタント

 

経営コンサルタントの仕事は、「困っている会社のサポートをする」ことです。

 

仕事内容は多岐に渡り、「経営難だから根本的な資本から見直したい」と言われたり、「新しい事業を立ち上げたいから調査をしてほしい」と言われたりと、ありとあらゆる難題が課せられます。

大小規模もさまざまで、何億円という案件になることもあります。

 

非常に難しい仕事なので、誰でもなれるわけではありません。会社によっては公認会計士や中小企業診断士などの国家資格取得を最低条件としている所すらあります。

 

でも、やりがいは十分。

難しいからこそ、クライアントと一心同体となり、難題を解決したときの嬉しさは何者にも変えられないでしょう。

 

人事採用

 

人事といってもいろいろな仕事がありますが、ここでは筆者の経験から、あえて「採用」に絞ってお話をさせてください。

 

人事採用という仕事は、転職者の人生を左右する仕事です。

「入社したい」という人の適正を見て、いま置かれている環境を見て、「自分の会社に入ってその転職者が幸せになれるか」を判断しなければいけません。

 

さらに、所属する部署への影響も考える必要があります。「採用したあとに、部署の役に立てるだろうか」「適正はあるだろうか」など、あらゆる可能性を考え、採用を決定します。

 

最終的には、会社の役に立てる人を採用しなければいけないので、いろんな角度から分析します。

 

大変な仕事ですが、採用した転職者が楽しく働いてくれていたり、会社に貢献できていると、やはり嬉しくなります。

まとめ

「人の役に立つ仕事」というテーマでお伝えしましたが、いかがでしょうか。

前述したとおり、人の役に立たない仕事はこの世にひとつも存在しません。

 

だからこそ、いま「誰かの役に立ちたい」と考えているなら、「誰の役に立ちたいか」をじっくり考えて欲しいです。

「誰か」では転職の軸がブレてしまいます。

 

あなたは、誰の役に立ちたいですか?