WEB応募における選考に落ちる者と<br>選考に進む者の違いとは? | 転職するならDAMA|全国の転職・求人情報を検索

WEB応募における選考に落ちる者と
選考に進む者の違いとは?

この記事は約2分で読めます。
スポンサードリンク

お主が沢山の求人から働きたい仕事をせっかく見つけたのにWEB応募の時点でNGが出てしまう…。こんな経験をした者も多いのではないかの?

今回は採用担当者の立場から、WEB応募の段階で選考に落ちる者と選考に進む者の差を解説してやろう。

1.選考から落ちる悪い事例

一般的なWEB応募の入力項目は氏名、フリガナ、生年月日、住所、電話番号、メールアドレスが必須で職歴、志望動機、資格などが任意の入力フォームが一般的じゃ。

企業が人材を採用するにあたってこの応募情報は非常に少ない情報なのじゃ。この少ない情報に入力不備がある場合は致命的となってしまう。

例えば氏名を平仮名で記入したりフリガナに不備があったり、電話番号が間違っているなどがあるの。雑な人物と判断されてNGになる可能性が高くなるのじゃ。

また、メールアドレスに不備があったり、拒否設定をしている場合は連絡が付かないために次の選考に進めない場合もありので注意が必要じゃな。
応募ボタンを押す前に応募情報に不備がないかしっかりと確認することじゃ。

2.選考に進む良い事例

入力フォームに不備が無いのは大前提として、採用担当者が見ているポイントとしては勤務地と応募者の住所が遠すぎないか、これまでの経験は活かせるのか?既存の社員と年齢層やスキルは合いそうか、などがある。

つまり入力項目の必須だけではなく、任意項目でも自分をアピールすることが大切と言えるかのう。それは即戦力で活躍できる人材が優先されることが多いからじゃ。求人の内容をしっかりと確認して自分をアピールするのじゃぞ。

3. 採用担当者の気持ちになる

採用担当者も感情を持った人間じゃ。真剣に良い人を採用したいと思いながら求職者の応募を待っておる。

応募情報に不備があればがっかりするし熱意のある応募が入れば期待もする。任意項目を使ってお主の気持ちを伝えることが重要じゃ。