Googleマイビジネスを始めよう | 転職するならDAMA|全国の転職・求人情報を検索

Googleマイビジネスを始めよう

nb48
この記事は約9分で読めます。
スポンサードリンク
皆のものはGoogleマイビジネスを活用しているじゃろうか?
Googleマイビジネスは簡単に言うとGoogleが提供している無料のビジネス登録サービスじゃ。
Googleマイビジネスを上手く活用することで集客アップやビジネスのPRにつなげることが可能となる。
今回はそんな無料ツールの「Googleマイビジネス」についてのお話じゃ。

1.Googleマイビジネスとは?

Googleマイビジネスとは無料で自分の会社や店舗などの情報を登録でき、Google検索やGoogleマップなどでその情報を表示させることができるサービスじゃ。
例えばGoogleで「ラーメン 大阪」と検索すると地図と一緒に店舗の詳細が表示されるじゃろ?これがGoogleマイビジネスに登録された情報じゃ。

画像を見てもらえばわかると思うが、検索結果の店舗名が一番目立つ位置に表示される。
さらに写真や最新情報など多くの情報を掲載することができるため、
活用次第では高い効果が期待できるはずじゃ。
店舗型のビジネスを運営している者はすでにやっていると思うが、もしやっていなければ今すぐにでも始めることをオススメする。
始めることにデメリットはないし、むしろ始めないことにデメリットがあるとも言える。
また、店舗以外のビジネスオーナーにも積極的にGoogleマイビジネスを進めてもらいたい。
集客や物を売る以外にも企業のイメージアップや知名度の向上につながる可能性があるからじゃ。

2.Googleマイビジネスでできること

ここでは、Googleマイビジネスでどんなことができるのかを説明する。

1.ビジネス情報の登録・更新

自身のビジネスに関する情報を登録することができる。登録内容はビジネスカテゴリ、所在地、営業時間などなど。

2.最新情報などの投稿

ビジネスに関わる最新情報を投稿することができる。投稿できる種類は最新情報、COVID-19の最新情報、イベント、特典、商品の5種類(商品はビジネスカテゴリによって表示なし)。
登録した情報や投稿などは検索結果の右側に表示される「ナレッジパネル」という場所に表示される。

ナレッジパネル
3.口コミや質問に対しての返信

ユーザーからの口コミや質問に対して返信することができる。
この口コミや質問に対する返信(ユーザーとのコミュニケーション)がGoogleマイビジネスを成功させる鍵を握っている。といっても過言ではない。

4.写真や商品、メニューなどの登録

写真や商品を登録することができ、飲食店などであればメニューを追加することができる。

5.インサイトと呼ばれるユーザー行動のアクセス解析

インサイトは自身のビジネスを見てくれたユーザーの行動を集計したアクセス解析機能。
どうやってビジネスを見つけたかやユーザーの反応をグラフ化して表示してくれる。

Googleマイビジネスを登録しよう

では、早速Googleマイビジネスに情報を登録してみるとするかの。

1.Googleアカウントを取得する

まずGoogleアカウントがないと話にならないのでGoogleアカウントを作成する必要がある。
Googleアカウントを作るにはGmailのメールアドレスまたはその他のメールアドレスが必要じゃ。
もし、新規でメールアドレスを用意するならGmailのメールアドレスを取得し、アカウントを作成することをおススメする。
なぜなら、Googleマイビジネス以外のGoogleが提供するサービスにも利用できるからじゃ。

2.すでにGoogleマイビジネスに登録されていないか確認する

これは、どういうことかと言うと、Googleマイビジネスにはすでに自身のビジネス情報が登録されている場合がある。
それは、Googleが自動で登録する場合や、第三者が登録する場合があるからじゃ。

もし、自身のビジネスが登録されている場合は、新規登録は必要ない。というかむしろ登録してしまうと情報が重複され検索に表示されないということにもなりかねない。
なので、自身のビジネスが登録されているかの確認は重要というわけじゃ。

登録されているかの確認はGoogleマップで「サービスや店舗名・屋号 + 所在地」検索で行うことができる。
例えば「ラーメン 大阪市西区」で検索し拡大表示すると以下のような検索結果が表示される。

赤いピンのマークが登録されているビジネスとなる。その中に自身のビジネスが表示されなければ登録はされていないということじゃ。

登録されていない場合は次の「3.Googleマイビジネスに登録する」に進みGoogleマイビジネスを作成するのじゃ。
登録されている(赤いピンが表示された)場合は自身のビジネスを選択し、「ビジネスオーナーですか?」という項目をクリックして登録されているビジネスのオーナー確認を進めるのじゃ。

3.Googleマイビジネスに登録する

Googleマイビジネスのログイン画面または下記URLにアクセスし、「今すぐ開始」をクリック
Googleマイビジネス 開始画面

まず、自身のビジネス名を入力する。ここで注意が必要なのじゃが、ビジネス名の名称は正確に入力する必要がある。
例えば、「テンダマコーヒー」というビジネス名を登録する際、そこに余計なキーワードなどはつけてはいけないということ。
「1枚100円~ テンダマコーヒー」や「コーヒー豆にこだわったテンダマコーヒー」といったキーワードを盛り込んだ名称はGoogleガイドライン違反となり、検索に表示されなくなる可能性があるからじゃ。

ビジネス名の次はカテゴリを入力する。コーヒーショップということなので「カフェ・喫茶」を選択した。

お次は店舗やオフィスなど訪れることができるかの確認じゃ。コーヒーショップなのでもちろん「はい」じゃな。

次にビジネスの所在地を入力する。

商品の配達や出張型のサービス提供の有無を選択。
テンダマコーヒーはどちらもやっていないので「いいえ」じゃ。

自身のビジネスへの連絡手段を入力。
これは後でも変更可能なのでここでは「スキップ」を押すとしよう。

次の「オーナー確認」がGoogleマイビジネスを始める上で一番重要な項目じゃ。
「オーナー確認」を完了すると登録されたビジネス情報を管理することができ、Googleマイビジネスの機能を全て使うことができるのじゃ。
「オーナー確認」を行う方法はいまのところ、「ハガキを郵送」しかないみたいじゃ。
下の画像にある「ハガキを郵送」というところから連絡先の名前を入力し、郵送ボタンを押すと2~3週間ほどで登録した住所にGoogleからハガキが届く。
ハガキに記載している確認コードを入力し、「オーナー確認」が完了といった流れじゃ。
2~3週間経過してもハガキが届かない場合はGoogleに問い合わせてみるのじゃ。

この後もビジネスに関する情報が続くが営業時間やビジネスの説明といった内容なのでここでは割愛する。

全ての項目で入力が完了すると、Googleマイビジネス管理画面に移行する。
これでようやくGoogleマイビジネスの様々な機能を利用することができると言うわけじゃな。

投稿機能で最新情報を投稿しよう

次はGoogleマイビジネスのメイン機能でもある、投稿の説明じゃ。
投稿することで得られるメリットは次のふたつ。

最新情報を発信することで集客やユーザーの離脱を防ぐ

情報発信することで今までリーチできていなかったユーザーに情報を伝えることができ、見込み客を増やすことができる。
また、情報が充実していればプロフィールを閲覧してくれたユーザーの離脱を防ぐ効果も期待できる。

定期的な情報発信をすることでGoogleの評価が上がりやすい

常に新しい情報を発信し続けることでGoogleからの評価を上げることが可能じゃ。
特に何も発信していない場合はこの効果は顕著だと言えるじゃろう。
Googleからの評価が上がるということは検索結果の上位表示されやすいということじゃ。
ただ、やみくもに情報を発信しても、逆効果となるので、自身のビジネスに関連した正確で誰もが知りたい情報を投稿するように心がけることじゃな。

Googleマイビジネスへの投稿方法

Googleマイビジネスにログインし、管理画面メニュー左から投稿をクリック

次に投稿の種類を選択するのじゃ。
投稿には最新情報、COVID-19の最新情報、イベント、特典、商品の5種類ある。
(商品に関しては、ビジネスのカテゴリによって表示されない)

最新情報

ビジネスに関する情報や新製品や新メニューの告知など
リアルタイムに新鮮な情報を届けることができる投稿方法じゃ。

COVID-19の最新情報

COVID-19の最新情報は2020年から続くコロナウィルスによるビジネスの変更点などを投稿する機能じゃ。
例えば緊急事態宣言中、休業のお知らせや営業時間の変更などはこちらで行うのがよいじゃろう。

イベント

その名の通り、イベント情報を投稿する機能。
最新情報とは違い、イベントの表示期間やタイトルなどを入力することができる。
期間限定のキャンペーンなどにもうってつけの投稿機能じゃ。
期間が設定できるので使い方次第では様々な投稿に応用が効く機能だと言える。

特典

特典はイベントの機能プラス、クーポンコードを設定することができる。
クーポンを記載し、来店時などに提示してもらうといった使い方ができる投稿じゃ。

商品

商品はモノだけでなくサービスも登録することができる。写真と価格、説明も合わせて投稿できるので
うまく使えば、新たな販路を開拓できる可能性もあるかものう。

今回は「最新情報」を作成してみるぞ。

まずは写真を追加

投稿を入力

ボタンを追加
ボタンは予約・オンライン注文・購入・詳細・登録の5種類あり、
リンク先のURLに飛ばしたり、登録した電話にかかるようなボタンが作成できる。

プレビュー。内容がOKなら公開を押すと投稿される。

投稿された情報は、自身のビジネスが検索された際、ナレッジパネル内に表示される。

まとめ

ここまでGoogleマイビジネスの簡単な利用方法を解説してきたが如何じゃっただろうか?
Googleマイビジネスに登録し、投稿を行うことで、ビジネスの認知度向上や集客効果を高めることが可能になる。

Googleマイビジネスをまだ始めていない者は、ぜひこの機会に登録し、自身のビジネスの拡大に役立ててほしい。
そして、TENDAMAならGoogleマイビジネス連携機能を搭載しておるので、会員登録してもらえると幸いじゃ。
フォッフォッフォッ!