職業訓練の人気ジャンルはこれだ! | 求職者応援サイト 転職するならDAMA

職業訓練の人気ジャンルはこれだ!

この記事は約10分で読めます。
スポンサードリンク

今回は職業訓練における人気のジャンルを紹介してゆこうと思うぞ。

人気のものになると、定員割れして受講することができないということもあるので、事前にハローワーク窓口で相談しておいたほうが良いかも知れんな。

そして、気になるものはなるべく施設見学に行き、実際に自分の目で体で感じて決めることをおすすめするぞ。

それでは、早速人気のジャンルについて紹介してゆこう。
ちなみにあくまでもわしが集めた個人的見解人気ジャンルなので悪しからず。

1.WEB製作

やはり時代を象徴しているのか、WEB関連の人気が高いようじゃ。これからの時代さらにさらにWEBで仕事する人が増えていくことも予想されるため、ここはとても人気のジャンルと言えるじゃろう。

これからは個の力どおしが協力し合い、助け合う世の中になるつつある現状で、自分一人である程度WEBを理解し、サイトを作成できたりといったスキルが必要不可欠になってくるのかもしれん。

IT技術に関する広い知識の習得とサイト製作に必要な専門知識などを学んでいけるコースなどがあるので今後WEB関連の仕事をやりたい人にはおすすめじゃな。

  • ・HTML5
  • ・CSS3
  • ・Illustrator
  • ・Photoshop
  • ・Dream Weaver
  • ・JavaScript
  • ・PHP

このようなツールを学びスキルを身につけていくことでWEBに関連する仕事に近づくことじゃろう。

ちなみに、WEB関連の職業を紹介しておこう。

  • ・Webディレクター
  • ・Webプランナー
  • ・Webプロデューサー
  • ・Webプログラマー
  • ・Webクリエイター
  • ・Webデザイナー
  • ・Webマーケッター
  • ・Webライター・編集者
  • ・Webオペレーター
  • ・DTP・グラフィックデザイナー
  • ・フロントエンドエンジニア・コーダー
  • ・サーバー・ネットワークエンジニア
  • ・システムエンジニア
  • ・セールスエンジニア
  • ・ネットワークシステム構築・管理者
  • ・社内システム
  • ・アプリ開発

このようにWEB関連には様々な仕事がある。まだまだたくさんの仕事があるじゃろうが、興味のあるものを調べてみて自分に合うもの、やりたいと思うことを選んでみるのがおすすめじゃ。

2.宅建不動産・金融FP

宅地建物取引士(宅建士)やファイナンシャルプランナーを取得するために様々な知識を学んでゆく。
今後不動産関連の仕事をしたい人におすすめじゃ。

宅建士はかなり人気の資格である。年齢を重ねてもできる仕事でもあるため、取得しておいて損はないじゃろう。
非常に人気の高い資格である上に、実は合格率は「15%」となかなか難しいのが現実じゃ。

まあ人にもよるが、独学や通信で学んで簡単に合格!とはなかなかいかないため、職業訓練でしっかりと学ぶほうがより合格率は高くなるかもしれんな。

毎年1回、10月の第三日曜日に宅建士の試験が実施されておる。1年に一回だからこそ、職業訓練の日時と試験日のスケジュール等をよく加味する方がよいじゃろうな。

ちなみに、不動産関連の職業や働く場所を紹介しておこう。

  • ・不動産会社での営業・事務
  • ・不動産管理会社
  • ・住宅ハウスメーカー
  • ・建設会社
  • ・金融関係(銀行、信用金庫、農協)
  • ・一般企業の財務(自社で不動産を所持している企業等)

宅建士の資格を持っていると、就職や転職に有利だと言われておる。

やはり不動産業界にとって、「宅地建物取引士」の設置が義務つけられているのじゃ。つまり、絶対に必要な人材となるということじゃ。

また様々な決まりもあって、宅建業法上の事務所の場合だと宅建士はその事務所で従事する人数の5分の1以上とされておる為、簡単にいうと従業員5人に1人以上が宅建士を設置するようにいうことじゃ。

意外といろんなところで必要とされていることがわかるじゃろう。そのほかにも、宅建士と併せて取得しておくとさらに役立つと言われている資格を紹介しておこう。

  • ・ファイナンシャルプランナー(FP)
  • ・簿記
  • ・賃貸不動産経営管理士
  • ・管理業務主任者、マンション管理士
  • ・不動産鑑定士

相性の良い資格とでも言おうか、関連性のあるものを持っているとさらに就職や転職にも有利になるじゃろうな。
まずは宅建士、そしてさらにスキルアップを目指すのであれば挑戦してみても良いのじゃろうか。

Javaプログラミング

Javaプログラミングとは、世界的に普及しているプログラミング言語である「Java」を用いてアプリケーションやシステムの構築などに関わる仕事のことじゃ。

ITシステム開発やWEB開発、Androidアプリの開発、業務用アプリの開発、ゲームの開発、家電製品等に関わることが多い。
職業訓練でいうと最終的にスマホやタブレット端末向けのアプリを製作・開発できるレベルを目指すコースが多いかのう。

Javaスキルを持っている人を求めている会社は正直多い。経験者だけではなかなか充足しているとは言えないということじゃ。つまり、これから始める人や実務経験がない人も可能性は無限にあるということじゃ。
だから、職業訓練でも人気のコースのひとつになっているのじゃろう。

国際ビジネス

国際ビジネス科とは、貿易事務や海外取引業務に関連する職業訓練じゃ。
「事務職として必要な英語力及び貿易に関連する知識・技能を有し、貿易実務に対応できる人材」の育成を目指す学科とある。

具体的には、3ヶ月間で、

  • ・日商簿記3級
  • ・英文会計(BATIC)Subject1
  • ・貿易実務検定C級
  • ・TOEIC600点取得

に相当する学習を行うのじゃ。
そしてこちらの特徴としては、「英語を学べる」ということが大きいメリットではないじゃろうか。
国際的なビジネスに必要な貿易実務やビジネスで使われる英語や英語表現を総合的に学習できる。

ちなみに、目指す就職先としては、

  • ・外資系企業
  • ・国際流通業
  • ・海外取引があるメーカー
  • ・商社
  • ・貿易会社
  • ・航空会社
  • ・船会社
  • ・百貨店
  • ・貨物利用運送業者

の貿易事務として海外取引業務に従事することじゃ。

英語を使って仕事がしたい、海外の方とのやりとりなど国際的活躍できる仕事に就きたいなどそんな人におすすめじゃ。

パソコン・オフィス

主に、エクセルやワードなどを学ぶコースで、実に最も数が多いコースとも言える。それだけニーズがあるということじゃな。

  • ・ビジネスパソコン基礎科
  • ・パソコンビジネス基礎科
  • ・パソコン事務基礎科
  • ・初歩からできるビジネスパソコン基礎科

などが用意されておるぞ。

パソコン初心者の方向けに、一から学べる内容となっておるものもあり、

  • ・パソコンの電源のつけ方
  • ・キーボードやマウスの操作
  • ・ブラインドタッチ
  • ・インターネットの使い方
  • ・電子メールの使い方
  • ・Word(ワード)
  • ・Excel(エクセル)
  • ・PowerPoint(パワーポイント)
  • ・検定試験対策(MOS)

その他、コースによってAccess(アクセス)やホームページの製作や更新方法などが含まれているものもある。

  • ・一般事務
  • ・営業事務
  • ・経理事務
  • ・OA事務
  • ・その他パソコンを使う仕事

今やどこの企業でも必要とされている必須スキルといっても過言ではないじゃろう。使えて当たり前という基本的なスキルといっても良い。

パソコンスキルがあるだけで、選択肢は広がるじゃろうし、年齢や性別は関係なくいつからでも身につけられるものなので、ぜひ学んでおいてほしいところじゃ。

簿記・会計

簿記や会計など企業の経理や財務において必要な会計の知識を学習し、売上・経費・利益・社会保険・税金・給与計算などの仕事に対応できる能力を身につけることができるものじゃ。

どんな小さな会社であろうと、個人商店であろうと、大きな会社であろうとお金のやりとりは発生するところに必須なので、ニーズもかなり高いのが事実じゃ。

細かい仕事でもあるし、難しいこともあるかも知れんがどこにでも必要とされている職種なので狙い目ではあるのう。

  • ・各会社や企業の経理
  • ・会計事務所
  • ・税理士事務所

などで活躍している人が多いじゃろう。

トラベルビジネス・観光ビジネス

旅行業界に興味を持ち、旅行業界または旅行関連業界で働きたい人向けと言えるじゃろう。
ツアーコンダクターにとって必要な知識や技術を学び、また旅行業界に必要な知識を学び、国家資格である「国内・総合旅行業務取扱管理者」の取得を目指します。

  • ・旅行会社
  • ・ツアーコンダクター
  • ・ツアーオペレーター
  • ・旅行関連会社

などに勤務することが多いじゃろう。

サーバー・ネットワーク

こちらもこれからの時代に必要とされている業界ではなかろうか。ネットーワークやサーバー構築の知識はを持っているとこれからのクラウド時代に役立つこと間違いなしじゃ。

このコースではインターネットやパソコン、ネットワークの基礎から学んで、実際のサーバーの構築などの技術を身につけていくことができるぞ。

まあ正直いっておくと、このコースを受講するとなると、できれば多少のPCスキルはあったほうが良いじゃろうな。初めからついて行けんということになるかもしれんからな。

ネットワークエンジニアとして働くことになるが本当に仕事内容となると多岐にわたることが多い。基本的にはIT業界や通信関連の業界へ就職することになるじゃろう。

  • ・ネットーワーク、サーバーの構築
  • ・ネットーワーク、サーバーの運用
  • ・ネットーワーク、サーバーの保守・監視・設定
  • ・ネットーワーク、サーバーのセキュリティ対策
  • ・ネットーワーク、サーバーの提案

など様々な知識も必要になるし、幅広い内容となるじゃろう。

未経験からももちろん狙えるが、専門的な知識と経験を積んでいってさらにさらに上を目指してスキルアップしていくことができる職種でもあるぞ。
そして、これからの時代どんどん活躍の場所は増えていくじゃろうし、将来的にも必要とされ続ける仕事とも言えるのう。

医療事務

この医療事務に関してはよく知られているのではないじゃろうか。いわば、病院や診療所などでの受付や会計・カルテ管理・レセプト業務・クラーク業務などを行うのが医療事務のお仕事じゃな。

医療事務の知識を習得し、医療機関への就職を目指す人におすすめじゃ。

医療事務の職業訓練といっても病院や診療所、調剤薬局や介護施設などでの受付・会計など業務や、診療報酬請求事務に必要な基礎知識ならびに応用技能を習得して即戦力として活躍できる人材を目指し、資格取得を目指すのじゃ。

仕事内容は多岐に渡る・・・

  • ・受付、対応、会計、請求事務
  • ・入院、退院手続き
  • ・レセプト業務
  • ・電話対応 その他事務業務
  • ・調剤薬局受付
  • ・患者様の対応やご家族対応
  • ・データ入力

などなど・・・

医療事務の場合は、各病気に対する点数が細かくあったりするので、始めは流れを理解するのは難しいとうところがあるが、職業訓練で講師の方に様々な質問等で知識を身につけて行けることが嬉しいとの声が多いそうじゃ。

  • ・病院
  • ・診療所
  • ・レセプト業務
  • ・調剤薬局
  • ・福祉施設

などが主な就職先となるじゃろう。

介護

介護系の職業訓練には大きく分けて、「介護職員初任者研修(3ヶ月)」と「実務者研修(6ヶ月)」というものがある。
違いとしては、資格の種類じゃ。

今後長く介護業界で働いていこうかと考えているのであれば、「実務者研修(6ヶ月)」を取得しているほうが良い。なぜなら、国家資格である「介護福祉士」を取得しようとした際に実務者研修期間として実務経験が3年必要だからじゃ。

初めてで、とりあえずこの業界の仕事がしてみたいという場合であれば「介護職員初任者研修(3ヶ月)」でも良いじゃろう。

  • ・病院
  • ・訪問介護
  • ・特別養護老人ホーム
  • ・介護老人保健施設
  • ・デイサービス
  • ・有料老人ホーム
  • ・グループホーム
  • ・障害者施設

上記の施設などが主な就業場所となるじゃろう。

介護のお仕事の求人数は確かに多い。介護の仕事はキツイというイメージもあるかも知れん。いかにこの仕事にやりがいを感じられるかが鍵となるじゃろう。

さて今回は職業訓練の人気のジャンルについて紹介してきた。本当に様々なものがあるので自分が今後どんな仕事に就きたいのか、どんなことをやっていきたいのか。

何でもそうじゃが、もし、やりたいことがまだ見つかっていないのであれば、とりあえず何かやってみようと行動を起こしてみると良いじゃろう。

何がやりたいかなんてものは、頭で考えていても何も見つからん。

食べたことないものの味がわかるか?それと一緒じゃ。

やってみて初めてわかる。やってみて合わなかったらまた別のことをやれば良い。それだけじゃ。

それでは、お主の検討を祈るっ!!フォッフォッフォ!!

就活転職
スポンサードリンク
シェアする
スポンサードリンク
求職者応援サイト 転職するならDAMA