職業訓練とは?種類や手順メリット・デメリットなどを徹底解説 | 転職するならDAMA|全国の転職・求人情報を検索

職業訓練とは?種類や手順メリット・デメリットなどを徹底解説

この記事は約11分で読めます。
スポンサードリンク

ハローワークの職業訓練とはどのようなものなのじゃろうか。実際に経験したことがあるものはわかるじゃろうが、職業訓練という制度があるのは知っておるが受講したことがない。

または、どのようなものがあってまたどのように受け、その後どうなるのかと疑問に感じているものも多いじゃろう。今回はそんなハローワークの職業訓練について説明してゆくとしよう。

1.職業訓練とは

まず、職業訓練とは働こうとしている人(求職者)の能力開発の取り組みや長期的にキャリア形成を支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的としているとハローワークのホームページには掲載されておる。

簡単にいうと、「お仕事を探している人に向けて、新たな仕事に就けるように訓練を通して再就職をサポートする」ということじゃ。
これから新しいお仕事を始める、または新しい仕事を探している人が就職に役立つ知識やスキルを基本的には無料で受けられることができる制度でもある。

職業訓練校は自治体や国が主体となって運営しているそうじゃが、近年は職業訓練に需要が増えていることもあり、各都道府県が大学や専門学校や資格学校に委託をして実施しているところもあるそうじゃ。それだけ受ける人も増えているということじゃな。

職業訓練には様々な分野とコースに分かれており、ハローワークの職員さんに相談しながら自分が気になるジャンルの職業訓練を受けることができるのじゃ。

基本的には働きたい人であれば誰でも受講することができるのじゃが、主には失業保険を受給している求職者が対象にしたものと、それ以外のものに分かれておる。

ちなみに受講できない場合でいうと、職業訓練校に入学するためには「受講開始日から遡って1年以内に公共職業訓練を受けていないこと」が必須の条件となるぞ。

そのため、在職者がスキルアップのために利用するとなると有料になる場合もある。このあたりは個人差があるので、詳しくはハローワークの窓口にて確認してみてほしい。

2.職業訓練の種類

さて実際に職業訓練を受けようとも、一体どんな内容のものがあるのか気になるところじゃろう。
職業訓練といってもいくつか種類があるのじゃ。公共職業訓練、求職者支援訓練などがあるから個々に説明してゆくぞ。

公共職業訓練

公共職業訓練では、技術系の手に職をつけられるものが多い傾向にある。

事務職に向けたパソコンやIT関連(WEBデザイン・CAD)、機械関連、電気関連、製造関連、介護福祉関連などがあるぞ。受ける場所や内容によっては、公共職業訓練校をはじめ、民間の専門学校や企業など様々じゃ。国や都道府県が行なっているものや、民間の教育期間、介護労働安定センターなどが挙げられる。

金属加工や電気設備関連、自動車整備や情報通信、溶接や事務系のもの、はたまた介護や保育士や言語や福祉関連など多種多様なコースが用意されておるぞ。

期間でいうと基本的には2ヶ月〜6ヶ月ほどの短期間のものが多いが、1〜2年など長い期間に渡り受講するものもあるぞ。

求職者支援訓練(主に雇用保険を受給できない方が対象)

求職者支援訓練の場合じゃと、社会人基礎的なスキルを重きにおいたコースが多い傾向にあるかのう。

基礎的なスキルを身につけるための基礎コースや、実践的なスキルを身につける実践コースなんかあって、1コース2〜6ヶ月の期間で決められていることが多い。

基礎コースでいうと、ビジネスマナーやパソコンスキルなどがあり、訓練期間は2〜4ヶ月で多くの職種に共通する基本的な能力を習得することができる。

また実践コースになると、IT・WEB、デザイン・CAD、営業や販売、事務や介護などがあり、訓練期間は3〜6ヶ月で基本的な能力と特定の職種に必要な実践的な能力を一括して習得することができる。

本当に様々な内容と期間があるので実際にハローワークでどのようなものがあるのか、そして自分はどれぐらいの期間で考えていて、どのようなものがあっていて、どのようなものを受けてみたいかなど相談して聞いてみると良いじゃろう。

職業訓練を受ける方法と手順

手順
1.ハローワーク窓口にて相談と申し込み(求職者登録)
→まずハローワークの窓口にて職業訓練がどのようなものがあり、どんな資格やスキルを習得したいのか。それにより実際に自分がどのコースを受講するのか、今後どのような仕事がしたいかなど自分の考え等を相談するのじゃ。
2.受講申し込み
→どのコースを受けるのか決まったら、指定の受講申し込みに必要事項を記入してハローワークの窓口へ申し込みを行う。分からないことはそのままにせず、聞いて教えてもらうのじゃ。一つ一つ自分でクリアしていくこともとても大切じゃ。
3.訓練実施機関で面接や選考試験を受験
→面接や選考試験などが各訓練機関にてあるので受験項目等をチェックして、自分なりに対策をして当日に臨むのじゃ。
4.選考結果通知受け取り
→晴れて合格通知が届いたら、受講することができるぞ。その合格通知を持って再びハローワークへ出陣じゃ!
5.ハローワークで受講あっせんを受ける
→合格通知を持参して、ハローワークへ出陣したら、受講あっせんを受けて申し込みの手続きを行うのじゃ。
その際、受講あっせんを受けるには2点の条件を満たす必要があると厚生労働省のホームページには記載されておる。
  • ・訓練を受講することが適職に就くために必要であると認められる者
  • ・訓練を受けるために必要な能力を有するとハローワークが判断した者

つまり、職業訓練を受けるにあたり、どんなスキルや経験を得て、どんな仕事に就きたいやそのためにはどのコースを受けたいかなど、事前にハローワークの担当者さんと相談しておくことが必要じゃ。親身になって相談を聞いてくれるから安心して窓口へいってみるとよいじゃろう。

職業訓練を受けるメリットとデメリット

メリット
1.失業保険の給付を受けながら訓練を受けられる(失業手当の受給期間が、公共職業訓練を受けている場合は延長されることもある)
→なんといってもお金をもらいながら、職業訓練を受けられるというのはとてもありがたい話ではないじゃろうか。
失業保険の受給に関して補足すると、会社都合での退職であれば失業保険はすぐに支給されるが、自己都合の場合じゃと3ヶ月の給付制限がつく。つまりすぐにはもらえんということじゃ。
しかし、職業訓練を開始すれば給付制限がなくなりすぐに失業保険の給付を受けることができるというわけじゃ。これはメリットそのものじゃろう。
失業保険の給付に関しては以前の記事にて詳しく書いておるのでぜひ見ておくれ。
2.基本無料で受講することができる
職業訓練は基本無料で受講することができる。ただし、テキスト代などは自己負担となるが、受講そのものに関しては無料じゃ。
さらに、公共職業訓練を受けている間は「受講手当」というものが受け取れるようになっておる。受講手当は日額500円で最大40日分、計2万円が支給されるというなんともありがたい話じゃ。
つまり、この受講手当てテキスト代金をまかなえるため、まあ絶対とはいえんが、いわば「タダ」ということじゃな(笑)。
(※ただし一部1年以上のコースなどでは有料の場合もある)
そしてさらにさらに、職業訓練校まで通う際の交通費(通所手当)までもが受け取れるとのことじゃ!なんということじゃ!
ちなみに電車やバスなどの公共交通機関を利用するとなると、一番安い経路での算出となるが定期代として支払われるし、車やバイクなどで通う場合であっても距離によって支給されるのじゃ。なんと人にやさしい世の中なんじゃ。。。
3.就職活動のサポートをしてくれる
職業訓練ではもちろん専門の知識やスキルを習得できるのはもちろん、就職に関するサポートもしてくれるぞ。例えば履歴書の書き方や職務経歴書の書き方、面接時の入室から挨拶・退出の仕方や面接内容の練習、応募の際の注意点など就職に関する様々なことを教えてもらえるぞ。もちろん自分から色々と質問できる方がより吸収ができるじゃろう。
4.国家資格取得や試験の免除
受けるコースにより異なるが、ある一定の条件を満たせば、試験を免除されることもあるんじゃ。
職業訓練終了後に資格を取得するといった場合でも、実地試験免除を受けることができるコースもあるので、資格取得を目指す者にとっては助かるメリットといえるのではないじゃろうか。
5.お金をもらいながら職業訓練を受けることができる
職業訓練受講給付金というものがある。月額10万円支給されるというものじゃ。
  • ・ハローワークに求職の申し込みをしている
  • ・雇用保険を受給していない
  • ・すぐに働ける状態である
  • ・フルタイム希望である
  • ・年金受給者ではない
  • ・在職中の場合:週20時間未満の勤労である

これらに該当する者が対象となる制度じゃ。そして、以下の条件を満たした者が給付を受けることができるのじゃ。

  • ・本人の収入が月に8万円以下
  • ・世帯全体の収入が月25万円以下(年収300万円以下)
  • ・世帯全体の金融資産が300万円以下
  • ・現在住んでいる所以外に土地・建物を所有していない
  • ・訓練実施日に全て出席(やむを得ない理由がある場合でも、支給申請の対象となる訓練期間の8割以上出席している)
  • ・同世帯の中に同時にこの給付金を受給して訓練を受けている人がいない
  • ・過去3年以内に、偽りその他の不正の行為により、特定の給付金の支給をうけたことがない

このようにたくさんの条件等がある。各講座には正当な理由がなき場合以外は必ず出席しなければならないし、遅刻や早退、欠席などが1回でもあると支給されなくなることもあるので注意は必要じゃが、職業訓練給付制度を利用することで職業訓練受講手当として月額10万円というお金をもらいながらスキルや経験を積むことができるし、交通費(通所手当)も支給される。ありがたいお話じゃとわしは思う。

デメリット
1.失業期間が長くなる
→やはり職業訓練受講中は失業期間となるため、再就職する際にも離職期間が長いとマイナスの評価を与えてしまうことにもなるかもしれん。
2.失業保険の支給額は前職給与の2/3と規定があるため、仮に給与が低かった場合は支給額も少なくなる
→前職からの基準となるため個人差はあるが、ここは心得ておこう。
3.受講したい職業訓練があったとしてもすぐに申し込めるわけではない
→ハローワーク窓口で担当者さんと今後どうしていくかなどの相談が必要で複数回行くこともある
4.職業訓練のコースは同時に複数通うことはできない
→基本的にひとつのコースしか受けることができない。
5.1年間は別の講座は受けることができない
→職業訓練を受講した場合、その後1年間は別の講座を受けることができない。
6.通っているだけでは就職することはできない
→職業訓練はあくまでも知識やスキルを習得することはできるが、もちろん就職するには積極的な就職活動が必要となる。
7.人気のコースだと、受講できないことも
→職業訓練コースには様々なものがある。当然人気のものもあれば不人気のコースもある。人気のコースになると合格率は低くなるので受けられる確率も低くなる。

まあザッとデメリットを挙げてみたが、物事には良い面・悪い面は必ずある。メリットもデメリットもある。これは確かじゃ。メリットに目を向けるのか、デメリットに目を向けるのか。何事もどう捉えるかで自分の気づきが変わってくる。

数ヶ月間受講することで、思いっきりみっちり新しいことを学んで自分をプラスに向上させていくのか、そしてそれをその後の自分に活かすのか。これは自分次第ということじゃ。

職業訓練を受ける上で大切なこと

まず言っておきたいことは、この職業訓練が絶対に正しいというわけでもない。

職業訓練となるとある程度の期間も必要になるため、就職までに実際には時間はかかる。そのため早く仕事に就きたいとなると違うものを利用する方が早く仕事が決まる可能性は高い。自分がどうしたいかを先ずは決めることから動き出すことになるじゃろうな。

その中で、職業訓練を受講したいとなれば、まずは自分がどんなことに興味があり、今後どんな仕事をするのか、そしてどんな将来にしたいのかを決める必要がある。その方向性を決めた上で何を学び何を習得するかで受講するコースが変わってくる。

期間はどれぐらいで、どんな内容を学びたいのか。そしてどんな仕事に就きたいのか。

興味がある職業訓練コースがあれば検討してみてほしい。事前に施設見学会などもあるので実際に各施設に見学に行ってみるのもおすすめじゃ。

あとは、希望のコースが希望のタイミングで受けられるかはわからないということもあるので、事前に色々と相談した上で行動することが良いじゃろうな。例えば会社に在職中であっても問い合わせや申し込みも可能なので、退職時期も含めた上で相談してみるとよいじゃろう。開催しているコースなどはインターネットでも確認することができるのでぜひググってみておくれ。

職業訓練を受けた後

さて、職業訓練を受けた後の話についてここでは紹介してゆこう。

職業訓練が修了した後じゃが、訓練の最終日には簡単な修了式が行われその後の手続き等に関しての説明があることが多い。

  • ・ハローワークへ来所時に受講者アンケートと成績表、ジョブカードの提出
  • ・就職が決まるまでの間の3ヶ月間は月に一度ハローワークへ行く
  • ・就職状況報告書を訓練終了後3ヶ月以内に訓練校に郵送する
受講者アンケートについては、「〇」をつけるなどでOK
ジョブカードについては、受講中に作成するのでそれを持参
就職状況報告書は就職が決まったらすぐに訓練校に提出

仮に3ヶ月の間に就職が決まらなかったり、就職せずに自営業を始めたという場合においても、この就職状況報告書は必ず訓練校に提出しなければならんのじゃ。

追跡調査的なものと捉えると嫌だと思う者もおるじゃろうし、学校側から連絡がきたりと調査がしつこいと感じるかもしれません。

しかしこれも職業訓練の中のひとつなんじゃ。パンフレットなどの案内にも「追跡調査があります」との明記もあるかと思うぞ。
逆にいうと調査や連絡などにより、気まずい思いをするかもしれないのですぐに就職したいという意欲のない人は職業訓練に軽い気持ちでは参加しない方が良いかもしれんな。

ちなみに、この就職報告をしないとなにか警告やペナルティがあるのか気になった者もおるかもしれんが、特にペナルティなどはないからまず安心してもらってよいじゃろう。

だがしかし、職業訓練にて色々なことを教わり、お世話になったことには変わりないじゃろうからぜひ報告はしてあげておくれ。

学校側からしたら追跡調査の回収は非常に重要なもので、担当者の方も皆の者からの調査内容の回収に困っておるじゃろう。

受講生の者からしたら、煩わしい・めんどくさい書類ややり取りになるかもしれん。しかし、お世話になった訓練校の方々を安心させるためにも協力してあげてほしいと思うぞ。フォッフォッフォ!!