高収入ならお金は貯まる? | 求職者応援サイト 転職するならDAMA

高収入ならお金は貯まる?

この記事は約4分で読めます。
スポンサードリンク

さて、今回はお金を貯めるというテーマでゆこうと思うぞ。

お金を貯めるといっても人それぞれ様々な方法があるだろうし、節約法によっても変わってくるじゃろう。

節約したり、副業したりとお金を貯める方法は様々あるかもしれんが、ここでは「環境」をベースに考えてみるとしよう。

1.都会の年収1000万円

仮に個人の年収が1000万円なら、世間一般的には、高給取りじゃろう。しかしながら、都内に住んでいて年収1000万円であっても、「一人ではリッチな生活できるけど、家族がいると本当の幸せは1000万円じゃ難しい」との声も・・。実際生活が苦しい者が多いというのが現実じゃ。

なぜ年収1000万円もあって生活が苦しいのか。

特に一番お金がかかるのは「家賃」や「住宅ローン」じゃろう。他には多少の物価の問題なんかもあるじゃろうな。

また年収が高いと社会保険や税金なんかも高額になってくるのも事実。

そして子供さんがいたら、さらにお金も必要になってくる。例えば私学に通わせているならなおさらじゃ。

子供のためになるから親としては、良い経験をさせてあげたいじゃろう。とはいっても塾代や習い事代もバカにはならんじゃろう。

年収が高いと、高額なマンションのローンなども組めるので、ついつい無理していい物件を購入してしまいがちじゃ。

車も身なりもある程度見栄をはりたいところじゃ。だって稼いでいるからのう。

都会はキラキラしていて、美味しいお店もたくさんあるし、買い物できるお店もたくさんある。あれもこれも欲しくなる。

都会は、誘惑ばかりじゃ。

人は不思議なもので何かを手に入れてしまうと、またそれ以上のものが欲しくなったりもする。「欲」というものは、良い部分もあるし、時によりそうでない場合もあるからうまく付き合ってゆくほうがよいじゃろうな。

そんなこんなで結局、年収1千万円であっても、まともに貯金すらできないという事態に陥ることもあるのじゃ。

2.田舎の年収300万円

例えば、田舎生活で年収300万円の場合となると都会と事情が違ってくる。

まず田舎は都会に比べて圧倒的に家賃や土地代が安い。都会に比べて固定費をかなり軽減できる。

空気が良い、景色が綺麗、野菜や魚が美味しい、人間関係のストレスがない。

ご近所さんと仲良くなると野菜や果物をいただけたりと、食費も安く済ませられるなんてことも多いに考えられる。

環境の面で言うと、商業施設が少ないため何かと出費も少ないし、普段は質素な生活をしておれば、たまの贅沢をしてもお金を貯めていくことができるじゃろう。

田舎といえば、交通の便も良くなかったり、場所によっては買い物も不便かもしれん。

基本的には車移動となるため車は必須じゃろうな。ガソリン代やオイル交換代などの維持費も少々かかってくるかもしれん。

しかし、固定費も抑えられ、誘惑も少ない田舎では300万円であったとしてもお金を貯めることは可能じゃろうな。

要は、稼いだ額ではなく、「管理の仕方」がキモとなるということじゃ。

3.バランスを崩す

テレビによく出る有名タレントさんや芸能人は、高収入の方が多い。(もちろんみんながみんなというわけではないが…)

しかし、そんな彼らも収入と支出のバランスを崩すと大変なことになる。

昔、テレビ番組の司会者だった某タレントが、 借金を返せなくなり、自己破産した。 年収1憶円だったにも関わらず。なんてこともある。

また、誰もが知る有名某ハリウッドスターは、年収が50憶もあるのに、破産寸前じゃ。家や別荘をすべて手放すはめに・・・。

一方、芸人が、あえて今の身の丈に合わない格上の高級マンションに住んで、売れていく方法もあるかもしれない。

しかし全てにおいて言えることはいくら稼いでいようと、稼いだ金額より、使う金額が多ければ、お金は貯まらない。

年収が高かろうが低かろうが、稼いだ金額より、使う金額が少なければ、お金は貯まる。

当然の理屈じゃ。

収入が上がっていくということは素晴らしいことじゃ。誰かに価値を提供できているからこそ、対価として自分に返ってくる。

しかし、バランスを崩してしまっては大変なことになる。

4.収入と支出のバランスを大切に

理想を言えば、都会で暮らすなら年収が1500万円~2000万円。

もちろん、年収が少なかったとしても家賃を抑え、質素に暮らせばOKじゃろう。

現実的なところ、田舎で年収500万~600万円を目指したらどうじゃろうか?

リモートワークが可能な人なら、実現可能かもしれない。すでに実現してい者もおるじゃろう。

稼ぎ方なんてのは今の時代、山ほどある。ただ知ってるか知らんかだけじゃ。何を信じるか信じていないかだけじゃ。

自然に囲まれ、庭付の一戸建てに住む。

精神的にも金銭的にもゆとりある生活を送りながら、お金も貯めることができるじゃろう。

住む場所によって、環境が変わる。環境が変わると、お金の使い方も変わる。

先ほども言ったが、ただ知ってるか知らんかだけじゃ。何を信じるか信じていないかだけじゃ。

もちろん人によってお金の使い方も違えば、お金に対する考え方や価値観も違う。

年収が高かろうが低かろうが、収入と支出のバランスを取るということが、大切ということじゃ。

自分のライフスタイルを見直すいい機会かもしれんな。フォッフォッフォ!!