転職するならDAMA・ハローワークでの応募から面接までをステップ徹底解剖 | 転職するならDAMA|全国の転職・求人情報を検索

転職するならDAMA・ハローワークでの応募から面接までをステップ徹底解剖

この記事は約8分で読めます。
スポンサードリンク

仕事を探すのに、この「転職するならDAMA」にたどり着いたことじゃろう。 このサイトは、ハローワークをはじめとした様々求人情報を扱っておる。

実際に「転職するならDAMA」でどのように仕事を探して、ハローワークでどのように応募して、どのように面接の日程を決めるのか、そしてどのように採用が決まり実際に勤務することになるのか。

そして、初めてハローワークに行く、または久しぶりにハローワークへ行くため様々な手順を忘れてしまった。という者のために、

実際に「転職するならDAMA」でスムーズに仕事探し~ハローワークでの応募~面接まで行うために、事前に確認しておいた方が良いことをステップごとに紹介していこうと思う。

全国のどこのハローワークへ行っても仕事の検索はできる。

しかし、この「転職するならDAMA」では自分のパソコンで、スマホで簡単にいつでも仕事を検索することができるからぜひ活用してみてほしい。

ちなみにハローワークは全国にあるが、 できればお主が働きたい地域のハローワークへ行くことをオススメするぞ。

なぜなら、 ハローワークにあるパソコン(求人検索端末)は、その地域周辺エリアの求人を検索しやすいように設定されていることや、 掲示板などに貼られている求人情報などもその地域周辺エリアの求人情報を中心に扱っているためじゃ。

ちなみに、失業保険の申請をする場合は、お主が住んでおる地域を管轄するハローワークへ行く必要があるからどこでも良いというわけではないから気をつけるようにな。

•••••••••••••••••••••••••••••••••

1.転職するならDAMAでの仕事の探し方~ハローワークでの仕事の探し方

・転職するならDAMAでの仕事の探し方

この転職するならDAMAでは、日本全国のたくさんの仕事を検索することができる。

・職業(ピンポイント検索)

・勤務地(エリア、都道府県、市区町村)

・雇用形態(正社員、契約社員、パート、アルバイト、派遣社員、新卒・インターン)

・賃金(時給、月給)

・こだわり条件(週休二日、実務経験不問、残業なし)

このようにピンポイントでの検索が可能となっておる。

転職するならDAMAの各ハローワークの求人情報については、ハローワークの専用求人番号が明記されておる。

その番号をハローワークへ持参することで、スムーズに募集から面接まで運ぶことができるぞ。

そしてその番号で、ハローワークのパソコンで求人票をプリントし、窓口で相談を受けて応募するという流れになるじゃろう。

・ハローワークでの仕事の探し方

大体のハローワークでは、求人検索コーナーの前に受付があり、そこで求人検索に来ましたと伝えると、番号札をもらえる。

その番号札の席のパソコンで求人情報の検索ができるというわけじゃ。

自分に合った条件を入力して検索をかけていく。

・働く地域や場所

・業種や職種

・雇用形態

・賃金

・休日

・就業時間

・年齢

このような様々な条件を絞って検索することができる。

検索方法がわからなかったら、職員さんに聞くと詳しく教えてくれるぞ。 遠慮なく声をかけてみよう。

そういえば、混んでいる時などはパソコンの使用時間制限(40分までなど)を設けているところもある。

そこは素直に応じて協力するようにな。仕事を探している人はお主だけではなく、たくさんいるからのう。

そして、このハローワークの求人情報は「ハローワークインターネットサービス」でも検索・閲覧することができる。

全国の求人情報を見ることができるからぜひ、活用してみるとよい。

登録しなくても求人検索することはできるが、ハローワークカードに記載されている求職番号を入力して、登録しておくと求人企業の企業名・所在地・連絡先などの詳細情報まで見ることもできるぞ。

しかし、ここだけの話じゃがハローワークインターネットサービスはちょっと見づらく、使いづらいという印象がある。

そのようなことを解消することを目的として、ゲーム感覚で楽しく仕事が検索できる、 この「転職するならDAMA」を作ったのじゃ。

使いやすく、検索しやすい、楽しく仕事を探すことができるなど、様々な声もすでにいただいておりありがたいことじゃ。

ぜひお主の力になれたら幸いじゃ。

ここで、検索する際に知っておいた方が良い3つのポイントを紹介しておくとしよう。

・求人情報を検索する際の3つのポイント

1.年齢制限は絶対じゃない

年齢制限は確かに書いてあることが多い。しかし、実際には募集要項に掲載されている年齢をオーバーしていても採用されるケースもある。

例えば、以前に経験のある職種などの場合は相談してみる価値は十分にあるぞ。

2.賃金の幅を持たす

例えば、自分の希望の賃金が仮に、月収20万円だとしよう。 その際、賃金の条件欄に月収20万円以上と入力して検索すると、 月収19万5000円の求人は検索ヒットに上がってこなかったりする。

つまり、その5000円でひとつ応募する求人が減る可能性もあるということじゃ。

3.手当等を含むの欄

条件を入力する賃金のところに、「手当等を含む」という欄がある。

これは、賃金とは別の通勤手当や家族手当などのことで、 この手当等を含むという欄のチェックを外して検索をかけると、 手当を含まない賃金額での検索ヒットとなる。

つまり、手当を含んだら希望の賃金になる可能性を逃していることにつながるということじゃ。

検索する前に、手当等を含んでの希望金額なのか、手当等を含まない希望金額なのかを決めておき、

それでもなかなか希望の仕事に巡り会わなければ、「手当等を含む」で検索の調整を行なって見ると、 また新たな仕事に出会えるかもしれんのう。

ある程度探してみて、なかなかこれといった求人情報に出会わんときは、窓口で相談を受けてみることをオススメするぞ。

たくさんの紹介をしてきた職員さん達だからこそ、たくさんの視点を持っていらっしゃる。

色々話してみて、色々聞いてみたら、 このような仕事もあるんだとか、このような考え方もあるのか、などといった新たな気づきを得ることもたくさんあるぞ。

2.ハローワークカードの発行

ハローワークへ行ってまずやることがある。それは、ハローワークカードの発行じゃ。

ハローワークカードとは:就職相談や求職紹介などを受け際に必要なカードで、いわばお主(求職者)の情報が入ったカードじゃ。

ハローワークカードに登録する求職情報とはこんなものがあるぞ

・名前

・住所

・生年月日

・電話番号

・希望する職種(仕事)

・希望勤務地

・希望就業形態

・希望賃金

・学歴

・職歴

・免許や資格

・経験してきた仕事

・仕事に活かせるスキル

このような情報を窓口でもらう求職申込書に記入して、職員が確認して受理されるとハローワークカードを受け取ることができる。

そしてこのハローワークカードがあることで就職相談や求職紹介などをスムーズに受けることができる。

相談や応募する際にも必要になるため、ハローワークへ行く際は毎回必ず持参しておいた方が良いじゃろう。

ちなみにこの求人情報の登録は、ハローワークのパソコンや自宅のパソコン、スマホでも行えるぞ。

パソコンやスマホで仮登録をして、ハローワークの窓口で求職申し込みを行うという流れじゃ。

ちなみにこの場合は、仮登録してから14日以内に行う必要があるので注意が必要じゃぞ。

万が一、発行したハローワークカードをなくしてしまったという場合は、窓口に相談してみよう。 名前や生年月日などの確認が取れれば再発行してもらえるからのう。

3.応募したい仕事が見つかったら窓口へ

さあ、応募してみたい、または気になる求人情報が見つかったらその求人情報をプリントして、窓口へ相談に行こう。

窓口では、その求人情報や企業について教えてくれるぞ。

・何人応募しているのか

・何人不採用で何人返事待ちなのか

・何歳ぐらいの人が応募しているのか

・今まで何人がどれぐらいの期間で辞めている会社なのか

・自分がその求人情報でわからないところや聞いておきたいところ

などその企業の情報を色々と教えてくれる。その情報を聞いて応募するかしないか検討して、 応募する場合は、職員さんが企業に電話をかけてくれる。

ここで、ポイントなんじゃが・・・

その相談している窓口の職員さんに気に入られることが大切じゃ。

確かに初めて会って数分で気に入られろというのは難しい話じゃが、

例えば、偉そうな態度をとったり、やる気がないと思われたら紹介する方も嫌になるわのう。

丁寧な言葉でお願いすること、やる気や熱意を感じてもらえるようにしっかりと対応することが大切じゃ。

ハローワークの職員さんも人じゃ。

ちゃんとした姿勢で取り組めば、ちゃんと企業に取り次いでくれるようになる。

応募すると決まったら、応募先へハローワークの職員さんが電話で連絡を入れてくれる。

その際、

お主(応募者)の簡単な住所や名前、年齢や電話番号などを企業さんに伝えても良いか聞かれる。 よっぽどのことがない限り「はい」で良いじゃろう。

そして、応募先に確認してくれることは、

・まだ求人の募集を行っているか?

・応募方法は、書類選考なのか面接なのか?

・書類選考の場合は、検討後いつ頃お返事をいただけるのか?

などを確認してくれる。

ただし、この時点で募集が終わっていることもある。その場合は、また求人検索するか他候補の求人情報を相談してみると良い。

4.紹介状の発行~面接日時の決定

まだ募集していて、企業側が応募を受け付けてくれた場合、 職員さんが紹介状を発行してくれる。

応募書類は基本的には、紹介状と履歴書。

企業によっては、職務経歴書も必要になる場合もあるので、紹介状を発行してもらう時に一緒に確認しておこう。

書類選考の場合は、応募書類を郵送する。

その際、採用担当者様の名前が求人票に明記されている場合は、必ず記入するようにしよう。

郵送したら、あとは企業からの連絡を待つ・・・

面接の場合は、その場で面接日を決めることもあれば、後ほど企業から応募者へ連絡が入りそこで決めることもある。

面接日が決まったら応募書類を持って、企業に出向くという流れになる。

面接まで終わったら、合否の連絡を待つことになる。

3日で結果がわかることもあれば、応募者が多かったりすると1週間以上かかることも。

通常は電話やメール、または郵送で通知が送られてくることもあるぞ。

そして、合格者のみに連絡しますという企業もあるので、

仮に合格の場合は、いつまでに連絡をいただけるか確認しておこう。

以上今回は、転職するならDAMA・ハローワークでの応募から面接までをステップで紹介してきた。 良い出会いはいつ訪れるかわからんから、常にアンテナを張っておくことが重要じゃぞ。

検討を祈る!!!