歴史を学んで転職は成功するのか? | 求職者応援サイト 転職するならDAMA

歴史を学んで転職は成功するのか?

この記事は約3分で読めます。
スポンサードリンク

歴史と転職? 一体何の関係があるのか?とお思いの者もいるじゃろう!しかし、有名な言葉に「愚者は経験から学び、賢者は歴史に学ぶ」という言葉がある。今回は 歴史と転職の関係について解説するぞ!

1.有名な書物

歴史を学ぶのに、書物から学ぶのが一番かもしれない。

「孫氏の兵法」という書物がある。 紀元前500年ごろの中国春秋時代の軍事思想家、孫武の作とされる兵法書じゃ。 今も昔も、世界の権力者たちが学んできた。

もちろん、現代では経営者たちも勉強し、 実践している。 その中には、市場を席巻し、世界企業に君臨している企業も少なくない。

経営者だけでなく、政治家、スポーツ選手など、様々なところで愛読されている。

「孫氏の兵法」は、どの時代でも、読み継がれてきた。

それなら経営者、ビジネスマンは、ぜひ読むべきじゃ。

ポイントは「考え方」である。 そのまま読んでも、書物としてと終わる。

昔のよう交通手段で、馬を乗っているわけではない。 現代はネット社会だからじゃ。 状況が違う。

そこに書かれている「考え方」を理解し、 今の状況に当てはめていく。 そして、実践していく。

2.最古の書物

ところで最古の書物をしっておるじゃろうか?

「聖書」である。

聖書は、宗教の書物ではない。

聖書は書物である。 最古の書物と言われておる。

その書物から、キリスト教、イスラム教、ユダヤ教が生まれたのだ。

なので、世界企業の経営者は、聖書を愛読している者も多い。

人間の本質とは?。 リーダーとは? 人を愛するとは?

すべてが書かれている。

すべてである。

今の時代でも色褪せない内容なので、 いまでも「聖書」は残っている。 人間の本質が書かれているからじゃ。 ほんの数年で、かかれたものではない。 数千年もかけて、完成していったのじゃ。

3. 歴史を学んで転職

さて、歴史から学んで、転職は成功するのか?

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」と冒頭で言った。

普通の人は、経験から学ぶ。 なので、自分の経験だけで、仕事や企業を選ぶ。

しかし、歴史から学ぶと、次元が変わる。

ものごとの道理や本質という判断基準が出来る。 権力者の栄枯盛衰から学べる。

それらの価値観で、企業選びをしていくと、 会社選びにブレがなくなる。

企業とはどうあるべきか? 仕事をすることはどういうことなのか?

そのことをじっくり考えると、企業選びも変わってくるはずだ。

今をときめく会社、 誰もが羨む会社、 有名で、かっこいいイメージの会社、 に目を奪われなくなる。

とにかく、転職で大事なのは、自分の目利き力なのじゃ。

転職で、一生がかかっているかもしれない。

企業も面接をするが、自分から選ぶという視点も大事ではないか。

4. 結論

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」

歴史から
「考え方」
「ものごとの本質」
「人間の本質」

を学んで、現代に応用する。

その考えで、転職したら大成功する確率は高い。

人生も、幸せに生きれるだろう。

あまりピンとは来ないかもしれないが、 参考にしてほしい。

お主らの転職がうまくいくことを心から祈っておるぞフォッフォッフォッ。

転職
スポンサードリンク
シェアする
スポンサードリンク
求職者応援サイト 転職するならDAMA