履歴書と職務経歴書はこう使い分けろ! | 転職するならDAMA|全国の転職・求人情報を検索

履歴書と職務経歴書はこう使い分けろ!

この記事は約3分で読めます。
スポンサードリンク

応募したい会社が見つかった時、まずは電話やメールフォームなどで応募する。

そして面接日が決まれば、必ず必要になってくるのが履歴書と職務経歴書じゃ。

アルバイトやパート、派遣社員などでは職務経歴書は必要ないというところも多いかも知れんが、正社員の応募となれば用意しておいた方がよいじゃろうな。

なぜなら、正社員の場合は履歴書よりも重要視している企業も多いからじゃ。

では今回は、「履歴書と職務経歴書はこう使い分けろ」について説明していくとしよう。

•••••••••••••••••••••••••••••••••

1.履歴書は足跡

・履歴書は自分の情報と自分の足跡

履歴書は、応募者の学歴や職歴、経歴や志望動機、免許や資格、または条件などいわば応募者の基本情報とが今まで行動してきたことを足跡として書いたものとわしは捉えておる。

つまり、応募先の企業からしてみれば、「この人は今までどんなことをしてきたのか」 という目線での判断材料となる資料となるであろう。

手書きであればもちろん見やすく丁寧に書くことが大前提じゃ。誤字脱字や文字の大きさがバラバラなどは持ってのほかじゃ。

そして、結構大切なのが写真じゃ。

適切な大きさで、綺麗にカットした写真をまっすぐ綺麗に貼るだけでも印象はよくなるぞ。

そして、履歴書は過去の行動を表しているといっても過言ではない。 そして、過去の行動が現在の自分を構築していることは間違いないので、ある意味これからの自分を見られているということにもなるかのう。

2.職務経歴書はアピール

・職務経歴書はアピールに使う

職務経歴書については、応募者の今まで携わってきた具体的な業務の内容やスキルの確認。 そして、実際に「我が社が求める経験や意欲があるか、またどのような能力があるのか」 という目線での判断材料となる資料となるであろう。

さらにこの人はちゃんと自己分析ができているか、そしてそれを元にちゃんと自己PRできているかというところもポイントになるであろう。

・私はこんな仕事がやりたい

・私にはこんな強みがある

・私はこんなことができる

など職務経歴書内でもしっかりとアピールすることが大切じゃな。

そして、履歴書と違って職務経歴書はこれといったフォーマットが決まっておるわけではない。 書くジャンルはある程度決まってはおるが、基本的にはパソコンで自分でデザインして書いていくものじゃ。

わからなければ、ネット検索で「職務経歴書」と検索してみるとよい。様々な職務経歴書が出てくるのできっと参考になるであろう。

そして、ただ並べて適当に書けば良いというわけではなく、あくまで面接官の方に見ていただくというスタンスでデザインすることも大切じゃぞ。

•••••••••••••••••••••••••••••••••

履歴書と職務経歴書を作成する際は、ある程度一貫性を持たせるように心がけるのじゃぞ。

履歴書と職務経歴書とで、書いていることや伝わる内容がバラバラだと、自分のアピール力が下がってしまうし、矛盾があると信用不信にも繋がるからな。

さてここまでざっと説明してきたが、 履歴書と職務経歴書の違いを簡単に言うと、

・履歴書は”足跡”で、「私はこんなことをやってきました!」

・職務経歴書は”アピール”で、「私にはこのような経験や能力や意欲やスキルがあります!」

とこのように使い分けるのじゃ。

そして、このあたりも踏まえてお主の、お主だけの応募書類を作るのじゃ。

企業と自分の志望動機がマッチしているのか、

読み手の気持ちになって、

読みやすい文章、見やすくわかりやすいデザインにし、

誤字脱字や写真にも十分注意し、丁寧にまとめることがポイントじゃ。

応募書類は、お主の気持ちや姿勢がそのまま現れるぞ!

そう、そのままな(笑)。