失業保険の受給条件と給付を受けるまで | 転職するならDAMA|全国の転職・求人情報を検索

失業保険の受給条件と給付を受けるまで

この記事は約5分で読めます。
スポンサードリンク

今まで退職や転職の経験があればすでに知っておるという者も多いかと思う。 また、このタイミングで退職や転職を考えており、このページに辿り着いた者もいるじゃろう。 よく聞く失業保険とは一般的な名称であり、 正しくは「雇用保険の中の失業手当の給付」というのじゃ。

退職、転職の時期に必要になる知識であろうかと思う。わしの元にもこの件については様々な質問が実際にくる。必ず参考になるであろう。

このページでは聞き馴染みのある失業保険という言葉を使って、失業保険について知りたいそなたに失業保険とは、またどのように手続きをして、どのような流れで実際に給付されるのかを説明してゆこうと思う。 こころして聞くがよいっ!!

1.失業保険とは

失業保険とは、雇用保険の被保険者が会社都合・自己都合など様々な理由で離職した場合等に必要な給付を行うことにより、失業中の生活および雇用の安定と求職活動を支援し、 労働者の雇用機会の増大・能力の開発および向上、福祉の増進を図ることを目的としておる。

また、ここでいう失業状態とは積極的に転職活動を行うと同時に、働く意思と能力があるが仕事に就いていない状態のことを指すのじゃ。

※雇用保険の被保険者:原則として週20時間以上の労働時間、かつ31日以上の雇用の見込みがある者が対象。(個人事業主や法人役員は対象外)

2.失業保険の受給条件

失業保険の給付を受けるためには2つの受給条件があるので確認しておこう。

1.ハローワーク(公共職業安定所)にて、所定の書類を提出して求職の申し込みを行い、就職しようとする意思と能力があるが、職業に就くことができない失業の状態にある

2.離職日以前2年間に賃金支払いの基礎となった日数が11日以上ある月が通算して1年以上あることが必要となる

まずはこの二つをクリアしていることが受給条件となる。

ちなみに・・・

・特定受給資格者・・・会社都合で退職した人

・特定理由離職者・・・特定受給資格者以外の人で、期間の定めのある労働契約が更新されなかったこと、その他病気・出産・配偶者の転勤などやむを得ない理由により離職した人

3. 会社都合退職と自己都合退職

【会社都合の退職】

・会社の業績悪化による倒産や事業所の廃止

・会社からのリストラに応じた合意退職

などが会社都合の退職当たります。

解雇は原則として会社都合の退職となりますが、従業員側に重大な過失や責任が問われる場合、 その他、自分から辞めた場合でも様々な理由により会社都合の退職となるケースもあります。

会社都合退職の受給条件(特定受給資格者)

・過去1年間で6ヶ月以上雇用保険に加入していれば受給対象となる

・給付日数の上限が増える

【自己都合の退職】

自己都合の退職は、従業員側に原因がある場合のことを指し、転職・結婚・病気などがよくあるケースじゃ。

また、会社都合の退職(特定受給資格者)と、自己都合の退職とでは失業保険の受給条件が異なることもある。

【自己都合退職の受給条件】

・過去2年間で12ヶ月以上雇用保険に加入している必要がある

また、会社都合退職の場合と、自己都合退職の場合では、受給開始時期が異なるぞ。

・会社都合の退職の場合:7日間待機期間満了後からの給付期間となる

・自己都合の退職の場合:7日間の待機期間+3ヶ月の給付制限期間を経てからの給付対象となる

このように自己都合の退職の場合約3ヶ月近くは給付を受け取れない状況となります。

ただし、自己都合であっても正当な理由であると認められればこの限りではない場合もあります。詳しくはハローワークへ勇気を持って問い合わせしてみよう。

4. 失業保険の給付を受けるまでの流れ

ここからは実際にハローワークへ出向き、窓口での求職の申し込みから、給付までの流れと注意点についてSTEPごとに説明していこうと思う。

【STEP1〜5】

1.離職証明書と離職票

2.ハローワークで求職の申し込み

3.雇用保険受給説明会への参加と失業認定日に求職活動の状況を申告

4.1週間程度で1回目が給付される

以降4週間に1度ハローワークに出向き失業認定日の認定を受ける

〜王からのワンポイントアドバイス〜

失業保険を受給するためには失業の状態かつ、求職活動を行なっていなければならない。 そして、4週間に1度ハローワークに出向き、失業の認定を受ける必要があるのじゃ。

STEP1:離職証明書と離職票

離職が決まると、会社が離職証明書と離職票を発行し、その記載内容について離職者本人に確認を求め内容に問題がなければ署名捺印をする。

その離職証明書と必要書類をハローワークに提出し、ハローワークから会社に「雇用保険被保険者離職票」を発行され、これが離職者へ届けられるぞ。

STEP2:ハローワークで求職の申し込み

雇用保険被保険者証と離職票を受け取ったら、ハローワークの窓口へ行き手続きをしよう。

ここでは、失業保険を受給する条件を満たしているかなどの確認が行われる。求職の申し込みには、所定の書類が必要となるのでここで確認しておくのじゃ。

①雇用保険被保険者証

②離職票 1・2

③本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカードなど)

④写真(たて3㎝×よこ2.5㎝サイズの上半身撮影のもの)×2枚

⑤本人名義の普通預金口座

⑥印鑑

⑦個人番号確認書類(マイナンバーカード、通知カード、マイナンバー記載の住民票のいずれか)

STEP3:雇用保険受給説明会への参加と失業認定日に求職活動の報告

受給に関する必要事項を確認するために雇用保険受給者説明会に参加し、受給に必要な「雇用保険受給資格者証」と「失業認定申告書」を受け取ろう。

この際に、失業認定日を指定されるので7日間の待機期間後、4週間に一度設定されている失業認定日の指定の時間にハローワークに行き、求職活動の状況を報告して、失業の認定を受ける必要があるぞ。

STEP4:1週間程度で1回目の給付

失業の認定を受けてから1週間程度で指定の口座に振り込まれる。

STEP5:以後、求職活動を行いながら4週間に1度ハローワークに出向き、失業の認定を受けることで、給付されることとなるんじゃ。

〜王のワンポイントアドバイス:受給までには以外と時間がかかる〜

離職理由が会社都合の退職であっても、離職日から実際に受け取れるまで約1ヶ月かかることも多くある。

そのためにはいち早く手続きをする必要があるが、その手続きをするためにはまず、会社から離職票を早くもらうことが重要となるぞ。

会社にいつ頃自分の元に届くのか事前に確認しておいたほうが良いじゃろう。またしばらく経っても送られて来なければ会社に連絡を入れて見てもよいと思う。

ただし、退社したからといってもお世話になった会社には間違いない。失礼のない対応を心がけることが大切じゃ。自分の言動や行動は必ず自分に返ってくるからのう。

素敵な自分でいるためにも、素敵な行動・言動を心がけるのじゃ。