資格があれば、転職に有利か? | 求職者応援サイト 転職するならDAMA

資格があれば、転職に有利か?

この記事は約3分で読めます。

「資格を持っていると転職に有利になる」と言う話を聞いたことがある者も多いのではないじゃろうか?
ここではそんな「資格があれば、転職に有利か?」について、ゴリゴリに資格を必要としていない会社を想定して、解説しようと思うぞ。

1.資格について

資格と仕事の関係については以下の3つに分類することができよう!

  • (1)資格がないとできない仕事
  • (2)資格があれば有利な仕事
  • (3)資格がなくても大丈夫な仕事

(1)は除外するとして、ここでは(2)と(3)について解説するぞ。
((1)はがんばって資格を取るしかない。資格がなければ、仕事ができないのだから)

2.資格があれば有利な仕事、なくても大丈夫な仕事

わしの意見を申すと、長年、何人も面接をしてきた経験上、資格の有無で、採用が決まるわけではない。

何が採用の決め手になるかというと、「この人と働きたいか、どうか」で決まる。

中小の会社ほど、そのような傾向が強い気がする。

仕事は、時間をかければ出来るようになるが、人の性格や性質を変えることはできない。いくら時間と教育を掛けようがである。

とは言っても、もっていたら有利な資格もあるので参考までに、職業図鑑で資格情報をチェックできるぞ!

応募者が多い時は、資格がないことを理由に断ることもある。断りやすいからである。断る方もつらいのじゃ。できたら全員採用してあげたいと思う(だけど職場を乱す人は入社させたくないと思っている)。

今、圧倒的な人手不足の世の中では、資格の有無はもっと関係なくなるじゃろう。

その反面で、面接で落ち続けている人ほど「資格がないから、、」と断れているかもしれない。そうなると、ますます資格をとらないといけない!と思いこみをしている人も多いのではないだろうか。

逆を言えば、面接が苦手な人、人とうまく話せないと思っている人には、資格は有利かもしれない。

ケースbyケースじゃ。

会社からすれば、何も知らないまっさらな状態の人を好むこともある。経験者は、前の会社のやり方を持ち出すからだ。「前の会社のやり方はこうしていましたが、この会社では、なぜですか?」とついつい言ってしまう。

これは典型的な、アウトな行為なのじゃ。

「郷に入って郷に従え」。前のやり方は、今の会社には関係ないと言うことじゃな。

もし、どうしても言いたいのであれば、仕事をある程度任されるところまで行ってからじゃ。その段階で初めて、改善として提案すれば、お主の評価はうなぎのぼりとなるじゃろう。

言う順番が大事なのじゃ。

順番を間違うと、「会社のために、言ったのに、上司に嫌われた、、、」と逆恨みをするはめになる。

言う順番が大事なのじゃ。

資格を取ることは否定しない。だけど、使いもしない資格をいくらもっていても意味はない。その資格を実践でトコトン使いこなさないと意味がないのじゃ。

なので、本気でその資格を取りたい!と思うまでは取る必要なない。

3. 資格について[結論]

「資格は、あれば有利だけど、なくても大丈夫」それぐらいで思っておくことじゃな。

日本中、会社はたくさんある。資格なんかなくても、お主を待っている会社は必ずあると言うことを忘れるな!

ただ、資格があれば、お主をもっと豊かにしてくれることもあるので、その時は必死になって取得することをオススメする。

あまたある会社ごとに事情は異なるので、これはわしの私見として参考程度にとどめておいてくれフォッフォッフォッ!。

コメント