再就職手当を受け取れる?受け取れない?申請の流れと8つの条件 | 求職者応援サイト 転職するならDAMA

再就職手当を受け取れる?受け取れない?
申請の流れと8つの条件

この記事は約6分で読めます。
スポンサードリンク

失業保険の給付を受けている求職中に、再就職が決まった時場合「再就職手当」というものがもらえることは知っておるかのう?

簡単に言えば、早期に再就職が決まればもらえるお祝い金のようなものじゃ。

意外と知らなくて損している者も多いと聞くので、再就職手当をもらうための条件や申請の流れを理解し、再就職した時にお祝い金がもらえるように事前に備えておこうではないか。

1.再就職手当とは

まずは、再就職手当について説明してゆくぞ。

再就職手当とは、失業保険の給付を受けている期間中に、再就職先が決まった場合にもらえるお祝い金じゃ。

ちなみにここでいう再就職先というのは、「安定した職業への就職」が決まった場合のことじゃ。

あと、ポイントとしては、早期再就職であればあるほどもらえる額も多くなる。 ただし、早ければ良いとはいっても仕事選びは焦らず探すことが重要じゃよ。

では続いては、再就職手当をもらうために様々な条件があるのでそちらを確認してゆこう。

2.再就職手当をもらう8つの条件

再就職手当をもらうためには8つの条件をクリアせんとならん。

次の仕事が決まるまでの間、失業保険の給付を受けながら新たな仕事を探すことになるであろうが、 ここでは、仕事が決まった時さらに自分へのご褒美として再就職手当をもらうためにしっかりと確認しておこうではないか。

たくさんあるが、お主ならゆっくり読めば理解できるはずじゃ。

A.失業保険の支給残日数が3分の1以上残っていること

B.失業保険受給の手続きが完了して、7日間の待機期間を終了した後であること

C.決まった再就職先が、離職した会社での再雇用または密接な関わりがないこと

D.再就職先に1年以上勤務することが見込めること

E.自己都合退職により3ヶ月の給付制限がある場合、1ヶ月の期間内についてはハローワークまたは職業紹介事業者の紹介による就職であること

F.雇用保険の被保険者になっていること

G.過去3年以内に再就職手当または常用就職支度手当の支給を受けていないこと

H.求職申し込み前から採用が内定していた会社での雇用でないこと

このようにたくさんの条件があるが、もらえると思っていたものがもらえない! とならないようしっかりと確認しておいた方がよいじゃろう。

3.再就職手当をもらうための申請の流れ

再就職が決まったら、まずは手続きが必要じゃ。

実は申請には期限があって、就職の翌日から1ヶ月以内と定められておる。 この1ヶ月の期限を超えるともらえなくなるので早めに手続きを済ましておこう。

まずは、再就職が決まったらハローワークへ連絡を入れよう。その後の手続きの流れを教えてくれるぞ。

では、ここではわしから再就職手当の申請の流れについて説明しよう。

••••••••••••••••••••••••••••••••••••••

1.採用証明書を新就職先からもらう

この採用証明書は、失業保険の手続きをした際の「受給資格者のしおり」の中に入っておる。 これを新就職先に記入してもらい、ハローワークに提出する。

2.就職日の前日にハローワークへ

就職日の前日にハローワークへ出向き、最後の失業認定を受ける必要がある。 必要書類として、 「採用証明書」「失業認定申告書」「雇用保険受給資格者証」「印鑑」じゃ。 こうして手続きをすることにより、 「再就職手当支給申請書」がもらえる。

3.再就職手当支給申請書の提出

この「再就職手当支給申請書」を新就職先にて事業主欄を記入してもらい、申請者欄にお主(受給者本人)が記入する。

4.再就職手当支給申請書をハローワークへ提出

事業者、受給者本人の記入が済んだら、ハローワークへ提出する(郵送可)。 これで、再就職手当の申請は完了じゃ。

5.申請後

申請が認められたら、時期にもよるが約1ヶ月後にハローワークより「支給決定通知書」が届く。 そこに支給日や支給額等が記載されているので確認しよう。

ちなみに支給日が決定されるのは再就職手当支給申請書を提出してから約1ヶ月ほどかかり、 支給が決定となれば「就業促進手当支給通知書」が届くぞ。

そして、実際に支給される日はその「就業促進手当支給通知書」が届いてから、 約1週間以内に失業保険の申請で指定した口座に振り込まれる形となる。

••••••••••••••••••••••••••••••••••••••

4. 再就職手当を受け取れるケースと受け取れないケース

さて、再就職手当をもらう条件や申請の流れについてはここまで説明してきた。 ここからは、もう少し具体的に受け取れるケースと受け取れないケースについて見てゆこうではないか。

【受け取れるケース】

・正社員採用

もっともベーシックで安心なのは、早期再就職先が正社員での雇用ということじゃ。

・条件を満たす派遣社員

派遣社員の場合は、期限付きである有期雇用の場合がほとんどじゃ。

例えば最初は1年以内の雇用契約としても、更新されることにより1年以上の雇用が見込まれる場合は、再就職手当をもらうことができるぞ。

個別で状況は変わるであろうから、しっかりと確認するのじゃ。

・個人事業主や起業や独立

実はわしも起業や独立で離職した人は再就職手当をもらえないと思っておった。

だが、待機期間を経過してから開業届を出すと給付を受けられるというのじゃ。

待機期間とは離職後ハローワークで手続きしてから7日間のことじゃ。

ちなみに自己都合で退職した者は、7日間+給付制限の3ヶ月の給付猶予がある者のこと。 そして、自己都合で退職した者は7日間+1ヶ月経過後でないと支給条件から外れることになるので注意が必要じゃ。

会社都合で退職した者は、待機期間7日間経過後の開業届提出で大丈夫じゃ。

開業に関しては、ここでは深く触れんが様々な確認事項もあるため詳細はハローワークで確認が必要じゃ。

【受け取れないケース】

・支給残日数の不足 (よくあるケース)

失業保険の支給残日数が3分の1以上残っていることと「A」で説明したが、例えば自己都合退職の場合、所定給付日数が90日となる場合がある。

その場合、90日の3分の1で、残日数は30日である。

再就職が決まった時点で、残日数が30日以上ないといけない。

そう。残日数が29日だった場合、たった1日でも少ないともらえないということじゃ。

残日数を忘れんように確認しておくことが重要じゃ。

・再就職先の仕事を3ヶ月経たないうちに辞めるともらえない

再就職手当というのは、申請してすぐにもらえるものではなく、申請から3ヶ月後の雇用状態をハローワークが在籍確認して、条件をクリアしたことになり支給が決定するのじゃ。 辞めんことが大切もちろん大事じゃが、3ヶ月以上〜半年ぐらいはがんばれ!

・短期雇用で働く(1年以内の有期契約など)

離職後は収入が安定しないために、つい空き時間などにアルバイトなどをしたくなるかと思う。 しかし、短期でアルバイトや派遣スタッフとして働くことは再就職とは見なされないため、再就職手当をもらうことはできないんじゃ。

ただし、数日であっても働いた日を申告すれば失業保険の受け取りは続行できるのできちんと申告することが大切じゃ。 再就職手当に関しても失業保険に関しても虚偽の申告は、不正受給に繋がるから絶対にせぬようよろしくたのむぞ。