効果的な求人情報の作成 | 求職者応援サイト 転職するならDAMA

効果的な求人情報の作成

スポンサードリンク
求人情報の内容は少しの変化で大きな効果

ただ求人情報を掲載するだけでは、「応募効果が思ったより少ない」といった声も多いのが事実です。

魅力的な求人情報を作成するためには応募者の目線から見ることはとても重要で、さらに企業側の希望の人材像をイメージしておくことが大切です。

  1. 〜応募者〜
  2. ・どのような会社を探しているのか
  3. ・どのような条件を求めているのか
  4. ・貴社に入ることでどのように成長できるか
  5. ・貴社に入ることでどのようなスキルが身に付くのか
  6. ・貴社に入ることでどのような経験や体感を得ることができるのか
  1. 〜企業〜
  2. ・どのような人に来てほしいのか
  3. ・どのような仕事をしてほしいのか
  4. ・どのような経験と体感を提供できるか

このようなことを本質として、求人情報作成に向き合うとまた違ったものになるかと思います。

1.希望の人材像を具体的にイメージしてどのような人にきてほしいか記載する

掲載求人のお仕事を実際にしてほしい人物像を具体的に明記できているか。スキル・経験・人柄・性格・どんな仕事をしてほしいかなど、このようなことができる人、このような人物を求めているなど、一緒に働いてほしい一人をイメージして具体的にわかりやすく記載することが大切です。

2.求人タイトルを簡潔にわかりやすい明記にする

一番目に入りやすい求人タイトルが「営業」だけのように簡潔しすぎた記載になっていないか。求人タイトルを見ただけで、何を扱っていて、どのような方がその会社のお客様なのか、入社すると実際どんな業務を行うのかイメージできるぐらいわかりやすい明記をしましょう。

3.仕事内容を具体的に明記する

応募者は、実際の仕事内容の情報が重要です。どんなことをして、どんな1日を過ごし、どんなことが身につくのかなど様々な角度から仕事情報を認識していきます。

入社後に悪い意味でのギャップを感じてしまわないように、不安を与えないよう応募者に実際に業務としてやってもらう内容を偽りなく明記しましょう。

4.他社の求人と差別化される求人内容になっているか

同じ業種や職種であっても、企業によって内容は異なります。貴社には貴社の良さがあります。貴社ならではのオリジナル性を前に出すことで他社との差別化を測っていきましょう。

5.イメージ(写真や画像)

求人掲載によって、お仕事や給与、待遇などの条件等はもちろん大切ですが、「描写(イメージ)」も応募に繋がるとても重要なものになってきます。職場の写真やイメージで会社の雰囲気を出しアピールすることが、応募者の判断基準の一つにもなります。

会社のイメージを高めるためにも掲載する写真はじっくり選びましょう。

効果的な写真選びのポイント

  1. ・写真が低画質ではないか
  2. ・一緒に働くであろうスタッフや従業員など人物が写っているか
  3. ・応募者が実際に働く様子が想像できる写真か
  4. ・掲載している求人情報の職種、業界に適しているか
  5. ・社内の雰囲気がわかりやすいか
  6. ・社員旅行や会社イベントの写真ばかりではないか
  7. ・情報量が少ない写真になっていないか

など、自分が求職者ならどのような会社に応募したいかという目線で写真や画像を選ぶことがおすすめです。

写真選びで注意するポイント

写真には、「肖像権」が関わってきます。例えば、職場の雰囲気を伝えようと、店舗内を撮影したところ、ご来店中のお客様の顔が写っていたという場合もあります。

顔がはっきりと特定できない場合は、肖像権侵害とはならない可能性はありますが、誰しも「肖像権」が認められており、

もしその写真に写っているご本人の許可なく、求人サイト・求人誌・ホームページやサイト等に掲載すると、「肖像権侵害に基づく損害賠償請求」に発展してしまうケースもあるということを認知しておいてください。

肖像権侵害については、お客様はもちろん、同じ会社の社員や従業員でも同じ。よくあるケースとして、退職した社員が、掲載した求人情報に写っていて、後日トラブルに繋がったということも・・・

どのような場合であれ、くれぐれも人物が写っている写真を掲載する場合は、写っているご本人全員に必ず使用承諾の確認をとることをおすすめします。

できれば書面にて同意を得ておき、退社後の取り扱いに関しても書面内で明らかにしておくと、予期せぬトラブルを回避しやすいでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク